「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

十両→序の口→新小結の竜電ら 絶対に諦めない苦労人力士たち

2019 7/18 15:00柴田雅人
名古屋場所でも苦労人と呼ばれる力士が奮闘しているⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

山梨県出身では富士桜以来47年ぶり三役

現在行われている大相撲名古屋場所(愛知・ドルフィンズアリーナ)に先立ち、先月24日に行われた番付発表。先場所優勝の朝乃山が平幕に据え置かれる一方で、阿炎と共に新小結に昇進したのが竜電だった。

山梨県出身の28歳は、中学卒業後の2006年春場所で初土俵。そこから約6年を費やし2012年九州場所で晴れて新十両となったが、同場所で右股関節を骨折。その影響で思うような成績が挙げられなくなり、2014年秋場所時点では西序の口17枚目まで番付を落としていた。

しかし、ここで諦めなかった竜電は2016年九州場所で十両の座を取り戻すと、約1年後の2018年初場所には新入幕。その後も幕内の座を守りながら徐々に力をつけ、今場所ついに新三役の地位まで辿り着いた。

高田川親方(元関脇安芸乃島)の指導を受け、山梨県出身力士としては富士桜(元関脇/1972年秋場所)以来47年ぶりの快挙を成し遂げた竜電。予期せぬ怪我を乗り越えた遅咲きの苦労人が、ここからこの両名の番付に並ぶ、もしくは追い抜く可能性も決してゼロではないだろう。

迎えた今場所は残念ながら11日目に8敗目を喫し負け越しが決まってしまったが、その一方で2大関1関脇(高安・栃ノ心・玉鷲)に土をつけてもいる。来場所以降の巻き返しにも、十分に期待が持てるのではないだろうか。

おすすめの記事