「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

栃ノ心“四度目の正直”で大関復帰確定 朝乃山が初優勝

2019 5/25 18:00柴田雅人
優勝争いも佳境に入ってきた大相撲夏場所ⒸJ. Henning Buchholz/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴竜下して10勝目

関脇・栃ノ心が節目の1勝を手にした。25日に行われた14日目の取組で横綱・鶴竜に立ち合いの変化で勝利し、2ケタ10勝に到達。これにより「関脇陥落直後の場所で10勝以上」とする特例を満たし、晴れて1場所での大関復帰が確定した。

先場所7勝8敗で負け越し、場所後に新大関に昇進した貴景勝と入れ替わるように大関の座を追われた。新大関となった昨年名古屋場所から、在位5場所でのスピード陥落。年6場所制以降では、1974年夏場所の大受と並ぶ史上ワーストタイ記録という歴史的な屈辱だった。

しかし、苦しみ続けたこの1年がまるで嘘のように、今場所10日目までは遠藤に敗れた以外は白星を重ねた。大関復帰に王手をかけてから3連敗したものの、年6場所制が定着した1958年以降史上5人目(6回)となる1場所での大関復帰を果たした。

これで10勝4敗。2敗の平幕・朝乃山が勝って初優勝を決めたため賜杯は逃したが、場所前は決して有力候補ではなかった力士が、堂々たる成績で優勝争いを続けたのはサプライズと言っていい。

おすすめの記事