「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

令和初の優勝へ 新大関・貴景勝が“吉兆”の連勝スタート

2019 5/14 14:11柴田雅人
イメージ画像ⒸYuka Tokano/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

4場所連続の連勝スタート

新大関・貴景勝が夏場所の土俵を沸かせている。場所前の稽古総見では今一つ振るわなかったものの、いざ場所が始まると初日、2日目と危なげなく連勝。令和で初めての15日間を、上々の形で滑り出した。

東前頭2枚目・遠藤を迎えた初日は、立ち合いで相手を一歩引かせると、下からの突き押しで抵抗を許さず難なく土俵外へ。圧倒的な相撲内容で、大関最初の取組を白星で飾った。

西前頭筆頭・琴奨菊と対戦した2日目は、立ち合い押し切れないと見るやいなしを敢行。これで琴奨菊の体勢をグラつかせると、最後はのど輪交じりの突き押しで勝負あり。大関経験者でもある難敵を、冷静な相撲できっちりと仕留めた。

先場所10勝5敗をマークし、晴れて令和初の大関へと昇進した貴景勝。相撲ファンからの期待を一手に集める一方で、突き押し一辺倒のスタイルでは大成しないという指摘も少なくない。

期待と重圧による影響からか、この2日間はどちらも取組前に鼻血が出たと報じられてもいる。それでも連勝を収めているところを見ると、肉体面だけでなく精神面の強さにも磨きがかかっているといえそうだ。

初日からの連勝スタートはこれで4場所連続だが、過去の3場所は優勝1回・優勝次点1回・2ケタ勝利3回といずれも好成績。22歳の若き大関が、このまま勢いに乗る可能性は十分だ。

おすすめの記事