「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲平成最強大関は?3つの条件から検証 

2019 4/29 07:00柴田雅人
相撲,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成の大関は16人

先の大相撲春場所(大阪・エディオンアリーナ大阪)で貴景勝が掴み、栃ノ心が手放した大関の座。貴景勝は大関として土俵に上がっていないため、平成に誕生した大関は16人(横綱昇進力士は除く)となり、土俵を彩った。

最初の霧島(1990年夏場所)から最後の栃ノ心(2018年名古屋場所)まで、多士済々な顔ぶれとなっている平成の大関陣。その中で最も強い力士は一体誰なのか。今回は16人の成績をそれぞれ比較し、どの力士が「平成最強大関」なのかを検証していきたい。

“最強”の判断基準は?

今回“最強”を判断するに当たり、基準としたのが「2ケタ勝利回数」、「12勝以上の回数」、「優勝回数」の3つ。その理由について、それぞれ順を追って解説していく。

基準1:2ケタ勝利回数
昇進に厳しい条件が課されている大関には、当然昇進後もそれ相応の成績が求められる。カド番となる負け越しはもちろん、「クンロク」(9勝6敗)や「ハチナナ」(8勝7敗)といった1ケタ勝利での勝ち越しも落第点とされる傾向が強い。

となると、大関の成績として及第点となり得るのは2ケタ勝利。また、安定感を評価する上では、その数は多ければ多いほどいい。そのため、在位中に2ケタ勝利を記録した回数を、まずは1つ目の基準とした。

基準2:12勝以上の回数
強い大関に必要なのは、何も安定感ばかりではない。横綱に次ぐ角界ナンバー2として、時には優勝争いに絡むような爆発力が求められる。

平成時代に賜杯を掲げた力士の平均成績は約13.6勝。優勝に必要な勝利数がおおむね13勝以上であるということから、そこから1つ数字を引いた12勝以上を優勝争いに相当する好成績と位置付けたい。

基準3:優勝回数
例え優勝争いに絡めたとしても、そこから実際に優勝までたどり着けるかはまた別の話。現に、平成の全181場所における大関の優勝は44回(約24.3%)にとどまっており、今回の対象16人に絞ると16回(約8.8%)とその数字はさらに減少する。難易度の高さを考えると、優勝回数を条件に加えないわけにはいかないだろう。

以上に挙げた3つの事柄1回につき、基準1=1点、基準2=2点、基準3=3点を付与。その総合得点の合計が最も高い力士を、平成最強大関に認定したい。

おすすめの記事