「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【関東大学女子バスケ】拓殖大学が春を制覇 ビッグマン初出場で大きく躍進

選手権を優勝した拓殖大学の集合写真Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

拓殖大学が7年ぶりに春の選手権大会を制する

第53回関東大学女子バスケットボール選手権大会は、4月27日から5月12日にかけて行われ、拓殖大学が7年ぶり6回目の優勝を決めた。

決勝リーグまでは、4ブロックに分かれてトーナメント戦を行い、そこで勝ち上がった4大学によって総当たりによる決勝リーグ戦となる。決勝リーグに進んだ大学は、優勝した拓殖大学、東京医療保健大学、白鴎大学、早稲田大学。ここ数年、関東大学女子バスケ界を引っ張るこの3強に、拓殖大学が割って入った図式になった。

昨年は、筑波大学が11年ぶり13回目の優勝を果たした。早稲田大学、白鴎大学と共に2勝1敗で並んだが、筑波大学は当該校間の試合におけるゴールアベレージが、他の2校を上回っていた。よって筑波大学は白鴎大学に敗れていたが、ゴールアベレージの仕組みに救われての優勝だった。

反して、今年優勝した拓殖大学は、決勝リーグ3戦全勝で優勝した。決勝リーグ初戦の東京医療保健大学戦では、前半で大きくリードを許していたが、オーバータイムまでもつれ込みながら勝利を手繰り寄せた。その勢いは衰えることなく、早稲田大学には86-66、白鴎大学には82-67で完勝した。

大会の最優秀選手賞には、#36 小笠原美奈(拓殖大学)が選ばれ、拓殖大学からは、得点王に#23 バイ クンバディヤサン(以下クンバ)、アシスト王に#39 藤田歩、ベスト8賞には#14 吉田舞衣が選出。拓殖大学が大きく躍進できた背景に、ビッグマンのクンバとポイントゲッター小笠原の存在が大きかった。

おすすめの記事