「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関東大学バスケットボールリーグ戦1部、東海大学が3年ぶり5度目の優勝達成

2018 11/17 15:00マンティー・チダ
東海大学
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

東海大学が日本大学を下し、3年ぶり5回目のリーグ戦優勝

第94回関東大学バスケットボールリーグ戦1部は、全日程を終了。3年ぶりに5度目の優勝に輝いたのは東海大学で、以下大東文化大学、専修大学と続く。

リーグ戦開幕から2連勝と好スタートを切った東海大学だが、白鴎大学・大東文化大学に連敗し、4戦を終えた段階で早くも2敗目を喫していた。これまで1年生に負担をかけるのは重たいと考え、上級生中心のチーム作りをしてきた陸川章監督だが、今年の1年生の能力が高いということも気になっていた。特に期待していたのは開幕から控えで起用されており、高校時代にも活躍していた#11大倉颯太と#86八村阿蓮だ。

2勝2敗となった段階で大きな決断をした陸川監督は、5戦目の神奈川大学戦から大倉颯太と八村をスタート5に抜擢した。つまり、チームの中心を1年生の2人に託したのだ。その内情を「2連敗した後に私が決めた。4年生にはよく話をし『大丈夫です。バックアップします』と言ってくれた。だからチームでここまで来ることができた。」と話している。

スタート5を変更して上昇気流に乗った東海大学は、2試合を残した時点であと1勝すればリーグ戦優勝を果たせる状況になった。しかし、11月10日の神奈川大学戦では75-78で惜敗し、「みんな相当反省していた。出来なかった事に対して、時間をかけてミーティング等で話し合っていた」と当時の状況を大倉颯太が明かした。

立ち上がりから互角な展開が続いた日本大学との最終戦。1Q終盤に連続で3pを沈めペースを掴むきっかけを作ったのは、バックアップメンバーの4年生#37秋山皓太だった。「自分がフリーだったので、シュートが入ってくれてよかった」とコメントしている。

8点リードで1Qを終了した東海大学は、2Qでも出だしから#28津屋一球が5得点を稼いでリードを広げ、主導権を握り続けた。後半に入っても安定した戦いぶりを見せた東海大学は、試合終盤控えメンバーに切り替え余裕を見せる。結局82-57で日本大学を下し、リーグ戦優勝を達成。

最優秀選手賞は#25平岩玄、優秀選手賞は東海大学から大倉颯太・八村、MIP賞は#15内田旦人が選出された。

東海大学

Ⓒマンティー・チダ

おすすめの記事