「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

関東大学バスケットボールリーグ戦2部 日本体育大学が全勝逃すも優勝

2018 11/13 17:00マンティー・チダ
バスケットコート,Ⓒマンティー・チダ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

日本体育大学、2部リーグ優勝 名門復活の足掛かりへ

第94回関東大学バスケットボールリーグ戦の2部は全日程を終了。日本体育大学が20勝2敗で優勝し、1部昇格と全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)出場を決めた。来年は2012年以来7年ぶりに1部リーグで戦うことになった。

開幕から好スタートを切った日本体育大学は、2試合を残して20連勝を達成。守備に力を入れ、リバウンドでも優位に立ち、試合を進めてきた。そして、2016年大東文化大学以来の全勝優勝達成なるか、期待が集まった(※2016年は全10チーム18試合で開催)が、21戦目の江戸川大学戦では54-65で敗戦。今季リーグ戦初黒星を喫した。

そして、迎えたリーグ最終戦。相手は国士舘大学。リーグ戦で1試合対戦があり、日本体育大学が106-70で勝利している。国士舘大学も過去1部リーグを経験し、日本体育大学同様に1部への返り咲きを狙っていたが、残念ながら実現できなかった。だからこそ、ここで一矢報いたかった。最終戦はそんな意地と意地とのぶつかり合いになった。

おすすめの記事