「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

甲子園ボウルで悲願の初優勝を狙うワセダの野望

アメリカンフットボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

最終節で法大に勝てば関東学生リーグ制覇

甲子園と言っても野球の話ではない。今年5月、日大選手の悪質なタックルに端を発した問題で世間を騒がせたアメフトの話だ。日大が出場停止となったため、7校で行われている関東学生リーグ1部TOP8。11月25日の最終節を残して首位に立っているのが早大だ。

高岡勝監督が就任して2年目、多彩な攻撃と変幻自在のディフェンスで順調に5つの白星を重ねてきた。最終節は4勝1敗で2位の法大と激突。勝てば2年ぶりの優勝が決まり、12月2日の東北大との東日本代表決定戦に駒を進める。アメフト界では地方と中央の実力差は大きいため、順当なら12月16日の甲子園ボウル出場を決めるだろう。

甲子園制覇は早大にとって悲願だ。過去4度出場したものの、いずれも敗退。特に2015年は立命大と大接戦を演じた。第3クオーターではいったん逆転するなど一進一退の攻防。試合終了間際には決めれば逆転のFGを外し、わずか1点差で敗れた。早大が最も日本一に近づいた瞬間だった。

おすすめの記事