「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

J2柏の“反則級”の2選手と万能アタッカー江坂任が猛威 9連勝で独走態勢突入か

2019 8/13 17:00中山亮
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

すば抜けた存在感を発揮するオルンガとクリスティアーノ

柏レイソルが強い。J2に降格した今季序盤は引き分けが多く、思うように勝ち点を積み重ねることができなかったが、第19節から連勝中。第25節にはついに首位に立ち、9連勝を決めた第27節終了時点での2位との勝ち点差は5。この勢いは止まりそうに無い。

連勝の原動力となっているのは爆発的な得点力。この9試合でなんと25得点。1得点で終わったのは2試合だけで、4得点以上の試合が4試合あるというのは驚異的だ。

得点を量産しているのが前線にいる2人の外国人選手、クリスティアーノとオルンガ。クリスティアーノは2013年から日本でプレーしており、柏でも2015年のシーズン途中から半年間甲府に復帰する期間をはさみ5シーズン目となっているのでもはやおなじみの選手だろう。精度の高いシュートを武器にJ1でも得点を量産。以前のJ2であれば“反則級”の選手である。

そしてそのクリスティアーノの近くでプレーしているオルンガも“反則級”だ。シーズン途中の加入となった昨季は可能性は感じさせたものの、Jリーグ初のケニア人選手ということも影響したのかフィットするまでには至らなかった。しかし2シーズン目となる今季は初先発となった第3節からコンスタントに得点を記録。高さ、強さは桁違いでJ2のCBで1対1で対抗できる選手はほぼいないというのが正直なところ。

柏にはそんな“反則級”のFWが2人もいるのだ。

おすすめの記事