「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

B1琉球が順調な仕上がり披露、新加入フリッピンも息ピッタリ 4日練習試合で秋田に快勝

2021 9/6 11:30窪島亮
イメージ画像
このエントリーをはてなブックマークに追加

SPAIA

クーリーが圧巻のプレー披露

4日、昨シーズンオープンした沖縄アリーナで琉球-秋田の練習試合が開催された。4シーズン連続B1リーグ西地区優勝と圧倒的な強さを誇る琉球は、渡邉飛勇、小寺ハミルトンゲイリーといった日本人ビッグマンを加え、さらに盤石な戦力を誇っている。

その中で輝きを放っているのは、2年連続でB1リーグのリバウンド王に輝き、昨シーズンも1試合平均12.3回のリバウンドを記録しているジャック・クーリーだ。新シーズンに向けてその調整具合はどうだろうか。

この日は千葉から新加入のコー・フリッピン(日本国籍)がポイントガードに入り、今村佳太、田代直希、ドウェイン・エバンス、クーリーというスターター陣だった。豊富な運動能力で千葉のB1リーグ優勝に貢献したフリッピンが、琉球の既存戦力とどのように組み合わさっていくのかが注目点だった。

試合開始早々、クーリーがさすがのプレーを見せる。ゴール下で2連続ゴールを決めると、ドライブでもゴールを決め3連続ゴール。琉球の優位な試合展開につなげた。練習試合ということで第1Q早々に試合を下がったが、それでもインパクトは十分だった。

秋田もジョーダン・グリンの3ポイントシュートで点差を縮めにかかるが、攻める手数に差が出てしまった一戦だった。逆に琉球は田代の3ポイントシュートにフリッピンのドライブシュートなど、多彩な攻撃を息つく間もなく繰り出し、格の違いを見せつけた。

第2Qにクーリーが戻ってくると、そのプレーは圧巻だった。オフェンスリバウンドからゴール下に走り込んでゴール、フリッピンとの息の合ったコンビネーションでゴールを上げると、ディフェンスリバウンドからファウルをもらってフリースローを得るなど、さすがのプレーが続いた。

第2Q中盤にクーリーが退くと、代わって出場した渡邉が気を吐いた。ブロックショットやリバウンドで堅実な働きを見せ、ゴール下でゴールを量産。フローターでのシュートや3ポイントシュートを狙うなど、クーリーの後継者になるかと思われる活躍だった。ただ、試合終盤に左ヒジをケガしたのは非常に気がかりだ。

新加入フリッピンも存在感示す

第3Qは第1Qと同じスタメンでスタートすると、フリッピンの独壇場となる。ダンクシュートを決めるや、ジャンプシュートやゴール下でのシュートなど、多彩なプレーでゴールを量産。3ポイントシュートも決め、琉球の新たな点取り屋になる可能性を十分に示した。フリッピンがポイントガードに入るパッケージは、相手チームにとって脅威になりそうだ。

第4Qに入ると、フリッピンからエバンスへのアリウープが決まる。さらに、岸本隆一のスチールや渡邉のオフェンスリバウンドなど、好プレーが続出。タレント揃いの琉球の持ち味を遺憾なく発揮した。

さらに、ポイントガードに入った岸本とシューティングガードに移ったフリッピンで3連続3ポイントシュートを決め、一気に点差を広げた。終わってみれば77対43の大差で試合は終了した。

渡邉のケガ次第というところはあるが、琉球の個人レベルの高さと選手層の厚さが目立つ一戦だった。小野寺祥太らバックコート陣、小寺らフロントコート陣も高いレベルのプレーを見せ、常時出場可能なところを見せた。今年も西地区は琉球を中心に回っていくことは間違いない。

クーリーのリバウンド力は今日も圧巻だった。特にフリッピンとのコンビネーションはフリッピンが新加入だとは思えないほどの息の合い方で、リバウンドから得点の流れるような展開がシーズン中も数多く見られそうだ。

【関連記事】
『鬼滅の刃』とNPB・Jリーグ・B.LEAGUEのコラボ企画「SPORTS2021×『鬼滅の刃』」発表!
渡辺雄太、NBAで日本人3人目の本契約を勝ち取った躍進の理由
東日本大震災から10年、Bリーグで奮闘する仙台と福島の今

おすすめの記事