「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京五輪女子バスケで日本が劇的勝利!メダルかけて準決勝フランス戦へ

2021 8/4 23:07SPAIA編集部
ガッツポーズの髙田真希,ⒸFIBA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸFIBA

格上のベルギーを1点差で撃破

東京五輪女子バスケットボール準々決勝でベルギーと対戦した日本が、劇的な逆転勝ちで初の準決勝進出を決めた。

終了間際、残り15秒で林咲希が3ポイントシュートを成功。世界ランキング10位の日本が86-85の1点差で同6位のベルギーを撃破した。宮澤夕貴が21得点、髙田真希が19得点、赤穂ひまわりが12得点、町田瑠璃と本橋菜子が10得点をマーク。前半も41-42と1点差で折り返す大接戦を制した。

日本は今大会の予選ラウンドでアメリカには敗れたものの、ナイジェリアとフランスを破り2勝1敗で突破。この日の勝利で1976年モントリオール五輪の5位を上回る史上最高成績が確定した。勝てばメダル確定となる6日の準決勝ではフランスと対戦。バスケファンならずとも注目の大一番となりそうだ。

【関連記事】
女子バスケの東京五輪日本代表メンバー内定12人発表、全選手コメント
女子バスケの馬瓜エブリン、オコエ桃仁花ら東京五輪代表を争うヒロイン候補たち
渡辺雄太、NBAで日本人3人目の本契約を勝ち取った躍進の理由

おすすめの記事