「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本人メジャーリーガーの通算本塁打ランキング、大谷翔平は今季中にもイチロー超え

2022 4/6 06:00SPAIA編集部
エンゼルスの大谷翔平,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

歴代1位は松井秀喜の175本塁打

メジャーリーグが4月7日(日本時間8日)に開幕する。新労使協定をめぐる交渉が長引き、キャンプインから日程がずれ込んだが、エンゼルスの大谷翔平はアストロズとの開幕戦に先発することが決まっており、いきなり二刀流を披露することになりそうだ。

広島で6年連続3割25本塁打をマークし、東京五輪では日本代表の4番を務めた鈴木誠也がカブスに移籍。大谷だけでなく、日本屈指のスラッガーが本場アメリカでどこまで活躍できるのか、昨年以上にMLBへの注目度は高い。

メジャー挑戦した日本人選手は投手の方が多く、野手でもイチローや松井稼頭央のようなアベレージヒッターの方が活躍している。パワーで劣る日本人がメジャーで本塁打を量産するのは並大抵のことではない。日本人メジャーリーガーの通算本塁打ランキングが下の表だ。

日本人のMLB通算本塁打ランキング


歴代1位は松井秀喜の175本塁打。2003年からヤンキースでプレーし、メジャー2年目の2004年には31本塁打を放った。昨年、大谷が46本塁打を放つまでは日本人のシーズン最多記録だった。

その後も2005、2007、2009、2010年にも20本塁打以上をマーク。レイズに移籍した2012年に引退するまで日米通算507本塁打を放った。

2位が117本塁打のイチロー。2001年から2019年までMLB19年で通算3089安打など輝かしい実績を残した。本塁打はオリックス時代に118本を放っており、日米通算では235本塁打を記録している。

日本が誇る2人の大打者に続くのが大谷だ。2021年終了時点でメジャー通算93本塁打。今季24本塁打ならイチローに並ぶ計算だ。さらに松井にも82本差となっており、昨年並みのペースで打ち続ければ来季中にも松井を超えて日本人最多となる。

ちなみに日本ハム時代は48本塁打を放っており、日米通算では141本塁打。今後どこまで記録を伸ばすのか、楽しみは尽きない。

右打者では城島健司の48本塁打が最多

4位は城島健司の48本塁打。5位の井口資仁が44本塁打で続く。城島はマリナーズ移籍1年目の2006年に、自身1シーズン最多の18本塁打。井口はホワイトソックス移籍1年目の2005年に15本塁打を記録し、2年目に1シーズン最多の18本塁打を放った。鈴木誠也は同じ右打ちのスラッガーとして、城島と井口の記録がひとつの目安となりそうだ。

6位以下は福留孝介の42本塁打、青木宣親の33本塁打、松井稼頭央の32本塁打、新庄剛志の20本塁打、田口壮の19本塁打と続く。唯一の現役、福留は日本で285本塁打(2021年終了時点)を放っており、日米通算327本塁打となっている。

日米の野球ファンの期待を背負う大谷と鈴木。今季もアメリカの空に何本ものアーチを架けて、本場のファンを魅了してほしい。

【関連記事】
日本人投手のメジャー通算勝利ランキング、ダルビッシュが2人目の100勝狙う
日本人メジャーリーガーの開幕投手一覧、大谷翔平は開幕勝利なら4人目
カブス入り鈴木誠也は7年連続の偉業なるか?刺激を求め続けた野球小僧の挑戦