「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トップは948球 夏の甲子園で最も“球数”が多かった投手は?

2019 8/14 06:00浜田哲男
甲子園ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

年々高まる“球数”を巡る議論

連日、熱い熱戦が繰り広げられている全国高校野球選手権。白球を追う球児達のがむしゃらなプレーには胸を打たれる一方で、近年特に問題視されているのが“球数”だ。昨年12月には新潟県の高校野球連盟が、投手1人の投球数を「1試合当たり100球」と定める新ルールを提唱。これには様々な意見が集まり、中には賛成の声も多く見られたが、結果的に撤回されている。

また、夏の甲子園出場をかけた岩手大会では、プロ注目の大船渡・佐々木朗希が決勝のマウンドに登板せずに、あと一歩のところで敗退。決勝前日の準決勝で9回129球を投げた佐々木の身体を考慮し、国保陽平監督が下した決断だったが、これにも賛否両論が渦巻いた。

今でこそ選手の肩・肘を守るという観点から、球数に対しての注目度が高まっているが、過去には一人の投手が連日に渡って最後まで投げきることが当然という風潮があったし、「それこそが高校野球」といったイメージも強かった。今でも、そうした風潮がなくなったというわけでもないだろう。一方で、チームのため、各都道府県の代表として地域のため、マウンドで仁王立ちし最後まで投げ抜く姿に心が打たれることも事実だ。

今回はそんな球数に注目し、1990年以降の夏の甲子園において、投球数が多かった投手をランキング形式で紹介する。

おすすめの記事