「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

B1秋田が効果的な補強に成功 東地区のダークホースになれるか

2019 8/15 11:00SPAIA編集部
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ディフェンスが一定レベルもオフェンスが長年の課題に

8月に入り、Bリーグ各クラブの陣容が大まかに決定。ここからチーム力を高めアーリーカップ、そしてシーズンへと入っていく。そこで今季、躍進の期待をされているのが秋田ノーザンハピネッツだ。

Bリーグ初年度である2016-17シーズンは、B1に所属しながら18勝42敗と苦しい成績だった秋田。残留プレーオフでも横浜ビー・コルセアーズに敗れ、2017-18シーズンはB2へ降格。だが、最短復帰し、翌年の2018-19シーズンは再びB1に。ところが、またもや17勝43敗という成績で、辛くも降格は免れたものの、改めて力不足を露呈してしまう結果に。

チームには、リーグスティール王の#17中山拓哉、同ブロック王の#43カディーム・コールビーのタイトルホールダーを擁し、失点はリーグ全体で10位の78.2点。スティールは1位、ブロックは4位と好成績を残している。これは、ディフェンスチームと言っても良い数字だ。

強化が急務なのがなオフェンスだ。初年度は70.4点で17位、昨季も71.3点で16位と、Bリーグになってからの大きな課題になっている。昨季のオフェンスリバウンドは12.9本と多くのセカンドチャンス得ているため、決してシュート本数が少ないわけではない。

にもかかわらず、得点が伸びないのは “決定力”が原因とされ、FG%は17位の42.1%。オフェンスレーティングも92.3と、オフェンスリバウンド以外の項目ではリーグ最低水準の数字だった。

おすすめの記事