「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Bリーグ平均スタッツを大きく上回る東地区上位3クラブ 来季も一極集中は変わらずか

2019 7/15 15:00SPAIA編集部
B1リーグ地区比較レーダーチャートⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

猛威を奮った東の3強に琉球は唯一善戦

2016年に始まったBリーグも3シーズンが終了したが、これまでは全て東地区が優勝。ファイナル進出クラブも6クラブ中5クラブが東地区だ。

そのため東地区と他地区との格差が大きいと言われているが、実際の数字と正規化して補正を掛けたレーダーチャートで比較してみた。

B1リーグ地区比較レーダーチャートⒸSPAIA

失点、TOVは正負を逆にして算出、少ないほど外側に近づくⒸSPAIA

B1平均と各地区の平均をレーダーチャートで見比べてみると各リーグで特徴的な図になった。東地区優勢かと思いきやスタッツだけ見ると西地区の面積が大きくなっている。

しかしこれをさらに東地区の上位3チームに絞って見てみると違った姿が浮かび上がってくる。

B1東地区上位3チームの比較レーダーチャートⒸSPAIA

ⒸSPAIA

B1の平均得失点を上回る成績を残している東地区上位の千葉ジェッツ、栃木ブレックス、アルバルク東京の3クラブ。

得失点で全てを測れるわけではないが、攻守のバランスの良さが東地区の3クラブにはうかがえる。特に千葉は得点、失点、3P%、2P%、FG%、リバウンド、ターンオーバー全てでリーグ平均を大きく上回る成績を残した。

また千葉はシーズン8敗のうち4敗、栃木が11敗のうち7敗、A東京は16敗のうち9敗を東地区で喫している。裏を返せば東地区以外での敗戦が少なく、東地区のレベルが高かったことが分かる。

一方で、中地区1位の新潟はやはり東地区との相性が悪く15敗中8敗を喫し、チャンピオンシップでもA東京に連敗している。



西地区優勝の琉球ゴールデンキングスは意外にも東地区のクラブを苦にしておらず、栃木、千葉とは5分、A東京には3勝1敗と合計12勝4敗で勝ち越し。琉球はリーグ平均得点を2点も下回る74.77ながら、失点が少なくオフェンスの弱さをディフェンスでカバーしていたことが分かる。実際東地区の3強との直接対決でも平均失点は73.875とリーグ平均よりも低く、攻撃力の高い相手に対して粘りながら勝利を挙げていた。

おすすめの記事