「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本の至宝・八村塁が秘める可能性と課題 日本人初のNBAドラフト会議1巡目指名

2019 6/25 11:00SPAIA編集部
八村塁Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

順調に成長を遂げたアメリカでの3年間

日本時間6月21日の午前、アメリカ・バークレイズセンターで行われた2019年のNBAドラフト。ここでゴンザガ大3年生の八村塁がワシントン・ウィザーズから日本人初の1巡目9位で指名され、バスケットを始めた中学1年時から憧れていたNBA選手の仲間入りを果たした。

これで日本人としては栃木ブレックス#0田臥勇太、メンフィスグリズリーズ#18渡邊雄太に続く3人目のNBA選手となる。

明成高時代から将来を嘱望され、U17世界選手権では平均22.6得点をあげて得点王に輝くとそこから彼の人生は大きく変わった。

この大会の活躍で世界のスカウト陣から注目を集めると、その中からゴンザガ大を選択し、入学。1年時は出場機会に恵まれなかったものの、2年時はシックスマン、3年時はエースと着実に階段を上がり、“ホップ・ステップ・ジャンプ”で成長を続けた。

そんな彼が入団するウィザーズの現状と大学時代の成績から考察される強み、課題を見ていこう。

おすすめの記事