「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテ・藤岡裕大は後半戦のキーマン 「攻守」だけでなく「走」にも期待

2019 6/25 07:00浜田哲男
藤岡裕大ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

復帰後は打撃好調

2年連続で遊撃手として開幕スタメンの座をつかんだものの、開幕直後から打撃不振に陥ったロッテの藤岡裕大。5月21日のオリックス戦では走塁中に負傷交代し、診断結果は右大腿二頭筋肉離れ。全治4週間の見込みとされ、登録を抹消された。

打撃不振に加えて怪我で離脱。踏んだり蹴ったりの状態だったが、6月14日の中日戦で1軍に復帰すると、同日の試合でいきなりマルチ安打。守備でも瞬発力と強肩を生かした堅実なプレーを披露し、内野に安定感をもたらした。復帰後は9試合に出場して7試合で安打を放つなど打率.325と好調。シーズン序盤の打撃不振が嘘のように、コンスタントに安打を重ねている。

2019年の月別打撃成績

ⒸSPAIA


藤岡の不在時は、フィールディングに定評のある三木亮や昨季主に外野手として112試合に出場した平沢大河が遊撃手として先発したが、攻守共に首脳陣やファンを納得させるだけのプレーは見せられなかった。それだけに、藤岡の復調は大きい。6月14日に藤岡と田村龍弘が1軍に復帰して以降、広島戦とヤクルト戦で勝ち越すなどチームも徐々に勢いづいてきた。

高打率の要因は左方向への安打増加

復帰後に高打率を残している大きな要因に、左方向への安打増加が挙げられる。復帰後の9試合で13本の安打を記録しているが、そのうちの7本は左方向への安打だ。

特に5打数4安打と固め打ちを見せた6月20日の広島戦では、4安打全て左方向。球を引きつけてレフト前へ流し打つ打撃を幾度となく目にしたが、左方向へ打球を運ぶ意識がいかに強いかの表れだ。

6月23日のヤクルト戦では安打こそ出なかったものの、第3打席でレフトへ犠飛を放った。その際の打撃も球を引きつけてスムーズにバットが出ており、調子の良さがうかがえた。シーズン序盤では打席での余裕があまり感じられず色々なコース、球種に手を出して引っかけてしまう場面も目立ったが、今は球を最後までよく見ることができており、打席に立つ雰囲気にも期待感が持てるようになってきた。

ただ、現在は復調傾向とはいえ、ここまでの今季の通算打率は.253、出塁率は.289とレギュラーとしては物足りない。シーズン序盤でつまずいた分を取り戻す活躍が期待される。

おすすめの記事