「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川内優輝は東京五輪をあきらめた? 世界陸上を選んだ理由とは

2019 6/7 07:00鰐淵恭市
MGCには出場せず世界陸上に向かう川内優輝Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

9月のMGC見送り、10月ドーハへ

男子マラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が9月15日に行われる東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」には出場せずに、10月にドーハで開かれる世界陸上で戦う道を選んだ。

56年ぶりに母国で開催される五輪への出場を目指すのが、普通の考え方かもしれない。でも、毎週のようにレースに挑み、日本マラソン界の「常識」をことごとく打ち破ってきた川内には、五輪出場を狙うのは常識ではなかったようだ。

MGCを走らないことについて、川内はこう語っている。

「僕の中では東京五輪より、本命はドーハ世界陸上」

もちろん、MGCに出なくても五輪を狙う方法はある。五輪代表枠の最後の一つを争うMGCファイナルチャレンジ(福岡国際、東京、びわ湖)で2時間5分49秒という設定記録を上回ればいい(厳密には突破者の中で最速のタイムを出した選手が選ばれる)。

このことについて川内は「走る以上、そういう(設定)記録があるなら狙っていく」と語っている。これをもって、いくつかのメディアが「東京五輪も狙う」という趣旨の報道をしているが、果たしてそうだろうか。川内はすでに東京五輪を諦めている、と筆者は思う。

「耐久型」のため非現実的

東京五輪に出場するには日本記録(2時間5分50秒)を上回らなくてはならない。が、川内の自己ベストは6年前に出した2時間8分14秒と大きな開きがある。川内は決してスピードがあるタイプではない。むしろその逆の「耐久型」の選手である。川内が設定記録を狙う、というのは非現実的だと思われる。

実際、川内は2018年にワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンで優勝したが、スピードで圧倒して勝ったのではない。この時は冷たい雨が降りしきり、耐久型の川内にもってこいの気象条件だった。優勝タイムも2時間15分台と平凡なものだった。

おすすめの記事