「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本男子400mリレー、東京五輪「金」へ37秒50を切れるか

2019 5/17 11:00田村崇仁
バトンパスを失敗した3走の小池祐貴(右)とアンカーの桐生祥秀Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

サニブラウンが9秒台突入で競争激化

5年前に国際陸連の主催で新設されたリレー種目のみを行う第4回世界リレー大会が12日まで横浜市の日産スタジアムで行われ、東京五輪で金メダルの期待が懸かる男子400メートルリレーの日本(多田修平、山縣亮太、小池祐貴、桐生祥秀)は予選3組でバトンパスを失敗し、まさかの失格となった。

一方で20歳のホープ、サニブラウン・ハキームが米国で行われた大学南東地区選手権の100メートル決勝で9秒99をマークし、日本人2人目の9秒台に突入。桐生が2017年に出した日本記録には0秒01及ばなかったが、リレーメンバーの競争も激化し、今後の追い風になることは間違いない。

元スーパースターのウサイン・ボルト(ジャマイカ)が引退し、リレーは海外勢も混戦模様となった勢力図の中、日本チームが個人の走力アップに加えてお家芸のバトンパスの精度をさらに磨けば、世界の頂点も狙える期待感が高まっている。

バトンパスで呼吸合わず失格

11日の400メートルリレー予選。日本は終盤まで「想定通り」の完璧な走りだった。

1走の多田が抜群のスタートを切り、2走の山縣もバックストレートをぐんぐんと加速。だが、コーナーを快走した3走の小池からアンカーの桐生へ渡るはずだったバトンパスでミスが起きた。わずかに呼吸が合わず、お手玉のような形になってしまったのだ。

完全に減速しながら桐生が一度は宙に浮いたバトンを何とかキャッチ。海外メディアは「ミラクルな瞬間だった」「日本が驚異的なバトンタッチ」とバトンを落とさず、ゴールまで運んだことに驚きをもって伝えたが、正確にバトンパスができていないとして、レース後に「失格」を言い渡された。

おすすめの記事