「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今年は「3強+1」がキーワード【関東大学女子バスケ】

関東女子バスケ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒマンティー・チダ

女子バスケは男子より世界に近い

日本のバスケットボールにおいて、世界で実績を残しているのは女子であることをご存じだろうか?2016年に男子プロバスケットボールリーグBリーグが開幕し、国内リーグ戦においては男子の露出が多い。しかし男子はモントリオール五輪以来本戦出場がないのとは対照的に、女子はリオデジャネイロ五輪でベスト8まで進出している。

女子日本代表はアジア地区予選で開催国の中国と死闘の末に勝利し、アテネ五輪以来3大会ぶりの五輪出場権を獲得すると、本戦ではグループリーグで当時世界ランク7位のフランスを撃破するなどアトランタ五輪以来20年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。準々決勝でアメリカに敗れはしたが、途中点差を詰めるなど、世界を驚かせた瞬間もあった。五輪から1年後の2017年に開催された第29回ユニバーシアード競技大会では、Wリーグの若手と大学生を中心に構成されたチームで50年ぶりの銀メダルを獲得した。

リオデジャネイロ五輪に出場した12人は全員Wリーグ選手。しかし、出身別で考えると大学出身はそのうち3名(白鴎1人、大阪人間科学2人)。ユニバーシアード競技大会は、出場資格の中に大学・大学院に在学中若しくは卒業というルールがあるので、五輪と単純比較できないところもあるが、出場した12人中6人が大学生(関東5人、中部1人)。Wリーグの選手(大学出身)も含めると、関東11人、中部1人という内訳になる。

女子の場合、有望な選手が高校卒業後競技を続けるには、大学進学よりもWリーグに進むケースが多いのが現実である。

関東大学女子バスケ

関東大学女子バスケは昨年までの4年間「3強」を中心に優勝争いを繰り広げる

関東大学女子バスケは、ここ数年、早稲田大学、白鴎大学、東京医療保健大学の「3強」が春の選手権大会、秋のリーグ戦では主役を演じている。2014年に東京医療保健大学が1部に昇格以降は、2014年の春の選手権以外は、この「3強」から春の選手権大会、秋のリーグ戦の優勝が決まっている。

昨年の秋のリーグ戦では、ユニバーシアード大会直後ということもあり、各チーム調整に苦しんだ。実際、銀メダルを獲得してから帰国後の週末にはリーグ戦が開幕するという過酷な日程となっていた。その影響をもろに受けてしまったのが、白鴎大学だった。白鴎大学・佐藤智信監督は、ユニバーシアードのヘッドコーチも務めた。白鴎大学のチーム強化が必要な時期に、日の丸を背負って世界と戦っていた。リーグ戦は開幕5戦で3勝2敗。しかし、終盤に向かって調子を上げて3位でリーグ戦を終えると、全日本大学バスケットボール選手権大会でも3位に食い込んだ。

リーグ戦の優勝争いは「3強」のうちの2大学、早稲田大学と東京医療保健大学によって争われた。ともに11勝3敗で終えたが、当該対戦試合の得失点差で東京医療保健大学がリーグ戦初優勝を決めた。全日本大学バスケットボール選手権大会でもリーグ戦初優勝の勢いそのままに決勝まで勝ち進むと、拓殖大学を96-72で下し初優勝を飾った。

関東大学女子バスケ

おすすめの記事