「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

渋野日向子、畑岡奈紗ら女子ゴルフ「黄金世代」が強い理由

2019 8/14 06:00田村崇仁
渋野日向子ら「黄金世代」はなぜ強いのかⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

日米両ツアー8人で通算18勝

女子ゴルフのメジャー今季最終戦、AIG全英女子オープンで20歳の渋野日向子が日本勢42年ぶりのメジャー制覇を達成し、今季の国内外ツアーを席巻する1998年度生まれの「黄金世代」が脚光を浴びている。

サッカーの1999年世界ユース選手権(現U-20W杯)で準優勝した小野伸二、稲本潤一らも「黄金世代」と呼ばれ、国内外で活躍。神奈川・横浜高時代に甲子園で春夏連覇した「平成の怪物」松坂大輔の世代はプロ野球界で「松坂世代」と呼ばれたが、女子ゴルフの「黄金世代」はなぜ強いのか―。

渋野の全英初出場優勝で、この世代は日米両ツアーを通じて既に8人で通算18勝。いずれも同世代のライバルと切磋琢磨して急成長し、来年の東京五輪代表争いでも中心的存在になる勢いと実力をつけている。

「藍ちゃん」に憧れ

「黄金世代」の共通点を挙げると、日米通算24勝の実績を残して2017年に引退した元世界ランキング1位、宮里藍の影響を抜きには語れないだろう。2003年9月、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで当時、宮城・東北高3年だった宮里藍は国内女子ツアーで30年ぶりのアマチュア優勝を果たし、直後にプロに転向した。「藍ちゃんブーム」に触発され、小学生になったばかりの子どもたちがその背中を追ってジュニアゴルファーの道へと次々と足を踏み入れた背景がある。

ソフトボールと「二刀流」を続けていた異色の渋野がゴルフを始めたのも宮里が米ツアーに本格参戦した時期と重なる。「私たちは宮里藍さんに憧れた世代」と多くの選手が言う通り、黄金世代は「藍チルドレン」ともいわれる所以だ。

1998年からメジャー優勝を重ねた朴セリの背中を追って「朴セリキッズ」と呼ばれるジュニア選手が続々と育った韓国勢は米女子ゴルフ界で「世界最強」の地位を築いている。

おすすめの記事