「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

立命館宇治のエース高木要は星稜の奥川恭伸に投げ勝つことができるか?1回戦から見えたものは?

2019 8/12 17:00三木俊幸
イメージ画像ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

ストレートの平均球速は130.3km

セットポジションからポーカーフェイスで淡々と投げ込む。それが立命館宇治のエース、高木要の投球スタイルだ。先日行われた秋田中央との一戦では1-0で勝利し、星稜の奥川恭伸に続いて2人目となる完封をやってのけた。奇しくも8月13日(火)の2回戦では、その星稜と対戦する高木のピッチングスタイルについて分析していこう。

高木要投手の1回戦投球成績ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

投球内容を振り返ると、9回を投げ、投じた球数は121球。与四球こそ5個あったものの、被安打3、奪三振7と見事なピッチングだった。

高木要投手の球種別割合ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

しかしストレートの平均球速は130.3km、スライダーの平均球速は112.5km、140kmを投げるのが当たり前となっている現代の高校野球において、この数字はむしろ遅い部類に入る。

おすすめの記事